移住者インタビュー

実際に佐賀県へ移住した方々に、移住のきっかけ・住んでみて良かった事・苦労した事等々、移住までの経緯や佐賀県での生活についてインタビューしました。何か移住の参考になるかもしれません。

鈴木 良太さん・ノイさん
interview 032016.03.14 UP

導かれるようにタイから武雄へ今ではすっかり地元です。

鈴木 良太さん・ノイさん
鈴木 良太さん・ノイさん
タイから武雄市に移住
移住歴・・1年
現在の仕事・・翻訳家

移住の目的・・自然に囲まれた暮らしがしたい
移住して良かったこと・・近所の人々が優しくしてくれる
移住して変わったこと・・特になし
移住して不便だったこと・・公共交通機関が少ない

茨城県出身の鈴木良太さんとタイ出身の奥さま・ノイさん。
タイで出会い結婚した2人が初めて武雄を訪れたのは4年前だ。

「曾祖父の名前が武雄。縁を感じました」と、良太さん。
また、とある雑誌で「住みたい田舎ランキング」の2位に武雄が選ばれているのを見て「住んでみようかな」と思ったという。

「武雄市役所のお住もう課に連絡をとって、空き家を紹介してもらいました。その繋がりから私の就職先まで見つかって。
何かに導かれるようでしたね」と、良太さんは話す。
タイ料理に欠かせないレモングラスを武雄が栽培している点も、決め手の一つだった。

「みんな、私のことを好奇の目で見ない。『タイも日本も同じような顔ね』なんて言って、とっても仲良くしてくれます。最近は野菜のおすそわけをたくさんもらって、家が野菜だらけ」と、目を輝かせて話す。
ノイさんの夢は、武雄の魅力を自らの手でタイに発信することだという。

「私もノイも今は武雄出身という気持ちでここに住んでいます。移住を決めるうえで条件は色々あると思いますが、
優先すべきはダントツで近所の人の温かさですね」と、良太さんはノイさんと顔を見合わせて微笑んだ。