佐賀ってどんなところ?

佐賀県は九州の北西部に位置し、東は福岡県、西は長崎県に接し、北は玄界灘、南は有明海に面しています。東京まで直線距離で約900キロメートル、大阪まで約500キロメートルであるのに対し、朝鮮半島までは約200キロメートル足らずと近接しており、大陸文化の窓口として歴史的、文化的に重要な役割を果たしてきました。

佐賀県の気候は、年間の平均気温が16度前後の地域が多く、穏やかな気候です。降水量は、東の脊振山から西の国見山にかけての山あいで多く、1年間に2500ミリメートル以上降っています。一方、北部の玄界灘近くや南部の佐賀平野は雨が少なく、1年間に1800ミリメートル程度です。

佐賀-博多間 約40分。
自然と都会のいいとこどり佐賀。

佐賀県は、豊かな自然に恵まれた住環境があり、お隣の福岡都市圏が通勤・通学圏にあるなど、“自然と都会のいいとこどり”できるのが魅力。佐賀-博多間は特急電車で約40分と相互の交流が活発です。

佐賀県の各地域情報

佐賀中部エリア

北の脊振山系の山々から広がる広大な佐賀平野、日本一広い干潟面積の有明海と、自然豊かな環境にある。県庁所在地である佐賀市は県の中心的エリア。九州佐賀国際空港は九州の拠点として利便性が向上。

各市・町のホームページ 佐賀市 多久市 小城市

東部エリア

新幹線新鳥栖駅がある鳥栖市は、九州を縦と横に貫く高速道路や鉄道がそれぞれ交わる高速交通の結節点にあり、福岡、熊本、長崎など九州の主要都市へのアクセスが抜群。
吉野ヶ里遺跡があるのもこのエリア。

唐津・玄海エリア

白砂青松の「虹の松原」に代表される海岸線の景観の美しさなど、観光都市としての魅力が満載。その透明さに驚く呼子のイカや、秋のお祭り「唐津くんち」は多くの人を惹きつける。

各市・町のホームページ 唐津市 玄海町

伊万里・有田エリア

伊万里焼・有田焼の産地として古来より知られる。伊万里湾周辺の臨海工業団地には、造船、IC関連産業、木材関連産業等が集積。伊万里港からは韓国、中国へコンテナ船が就航。

各市・町のホームページ 伊万里市 有田町

南部エリア

嬉野温泉や武雄温泉、祐徳稲荷神社など観光の魅力にあふれ、竹崎かにや、かきなど有明海の恵みも豊富。鹿島市では「酒蔵のまち」として日本酒を活かした街づくりも進む。

各市・町のホームページ 武雄市 鹿島市 嬉野市 大町町 江北町 白石町 太良町